代表者ご挨拶

学びの楽しさを、次の半世紀へ。
これからも、総合教育サービスを通じて、社会に貢献いたします。 

代表取締役社長 下屋 俊裕

教育サービス業界は、少子化による市場規模の縮小、顧客ニーズの多様化や高水準サービスへの期待の高まりなどから、他社との生徒獲得競争が一段と厳しさを増しております。一方、知識・技能の習得だけでなく、思考力・判断力・表現力を育む新学習指導要領の実施や、世界に通用するグローバル人材の育成強化もあり、当業界に対する社会の関心は、より一層大きなものとなっております。

このような経営環境の下、市進教育グループでは、「総合教育サービス企業」として、受験のみに特化した従来型の “学習塾” に限定しない事業展開を行っております。具体的には、幼児部門など対象年齢層の拡大、映像授業販売の全国展開など対象地域の拡大、日本語学校の運営、海外事業(インド・香港)の展開、高齢者向け事業への参入などサービス内容の拡充を図っております。

2016年、市進教育グループは、50周年を終え、次の半世紀へ向かいます。 これまでの皆さまのご支援に深く感謝申し上げるとともに、今後の市進教育グループの発展につきましてもご支援を頂戴したく、よろしくお願い申し上げます。

2016年1月 代表取締役社長 下屋 俊裕

会社概要沿革

ページの先頭へ