市進教育グループ50年の歩み

1965年(昭和40年) 小・中学生への学習指導を行う前身「真間進学会」を千葉県市川市で創業
1970年(昭和45年) 「市川進学教室」と改称
1975年(昭和50年) 市川進学教室を株式会社とする
1978年(昭和53年) 初の分教室「西千葉教室」を開設
1979年(昭和54年) 現役高校生を対象とした「市進予備校」を開設
1981年(昭和56年) 進学教室・予備校を合併し「株式会社市進教育センター」とする
1984年(昭和59年) 「株式会社市進」に商号変更、「市川進学教室」を「市進学院」に改称
1985年(昭和60年) 市進出版の名称のもと「高校受験ガイド」を発売
1986年(昭和61年) 教材の印刷・配送を主業務とする「株式会社友進」(現 連結子会社)を設立
1989年(平成元年) 首都圏広域への拠点展開を開始
1995年(平成7年) 市進チューターバンク(現 プロ家庭教師ウイング)を開設、家庭教師派遣業務を開始
1996年(平成8年) 株式を店頭公開(現 東証JASDAQスタンダード)
1998年(平成10年) 個別指導塾「個太郎塾」を開設
1999年(平成11年) 「株式会社個学舎」(現 連結子会社)を設立、個太郎塾・市進チューターバンクを営業譲渡
2007年(平成19年) 個太郎塾の外部一般フランチャイズ第1号教室が営業を開始
映像配信授業「市進ウイングネット」の外部販売を開始
2009年(平成21年) ホールディングス制への移行準備のため、株式会社市進準備会社(現 株式会社市進)・「株式会社市進綜合研究所」・「株式会社市進ウイングネット」の3社(現 連結子会社)を設立
2010年(平成22年) 「株式会社市進ホールディングス」に商号変更、市進教育グループをホールディングス体制へ
映像企画制作・販売事業などを行う「ジャパンライム株式会社」の全株式取得
2011年(平成23年) 障害のある方に働く場を提供する「株式会社市進アシスト」を設立
日本語学校を運営する「株式会社江戸カルチャーセンター」の全株式取得
小学校受験・幼児教育の老舗「桐杏学園」の全株式取得(現 株式会社市進綜合研究所所属)
高齢者向けサービス事業を行う楽ちん株式会社(現 株式会社市進ケアサービス)の全株式取得
株式会社学研ホールディングスと業務・資本提携契約を締結
2012年(平成24年) 茨城県の地元密着型学習塾である茨進グループ株式会社(現 株式会社茨進)の全株式取得
2013年(平成25年) 株式会社学研塾ホールディングスとの共同出資により、学童・幼児保育事業を行う「株式会社GIビレッジ」を設立(持分法適用会社、当社は50%出資)

代表者挨拶会社概要

ページの先頭へ