CSR宣言

「教えること」を通して会社に貢献し、社会からの信頼を得ることにより、企業として存続していくことを目指しています。
日本は資源が少なく、教育を通じて人材を育てることにより現在の発展を享受しています。市進教育グループでは、学習塾事業だけでなく、「教えること」を軸としながら保育事業から介護事業にいたるまで幅広い世代の方に対するサービスを展開しています。会社で働く社員がそれぞれの特性を活かし、経験や年齢に応じた仕事にやりがいをもって取り組むことで、地域社会にも貢献することができると考えています。

市進教育グループが取り組むCSR


【教育・子育て支援】

【地域への支援】

【シニア・介護】

【障がい者雇用】

【英語教育・IT教育】

【人財】

活動詳細

教育・子育て支援

  • 柏市きぼうの園
    平成28年度から、千葉県柏市の適応指導教室「きぼうの園」及び学習相談室に通っている児童生徒の支援事業を受託し、不登校児童生徒に対する学習支援を通じて基礎学力の向上及び自立の促進を支援しています。
  • 柏市学習支援
    平成29年度から、柏市内の2中学において、基礎学力の向上のための学習支援事業を受託し、生徒の基礎学力の向上のための学習支援を行っています。
  • 柏市子どもの生活・学習支援事業
    平成31年度より、柏市西原・酒井根・豊四季地区の生徒約50名の学習支援を個太郎塾で行います。
  • 四街道市ひとり親支援
    平成29年度から、千葉県四街道市において、ひとり親家庭等学習支援事業を受託し、ひとり親家庭等の生徒に対して基礎学力の向上のための学習支援を行っています。
  • 流山市生活困窮家庭教育支援
    平成31年度より、個太郎塾4教室にて基礎学力の向上を目的とした指導を行います。
  • 板橋区学童学習支援
    平成30年度より、「志村第六小学校」にて放課後学習指導を行っています。
  • 御宿町学力向上支援事業
    1. <小学生英語指導>
      平成30年度より、英語4技能(リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング)のベースとなる部分をバランスよく鍛え、子どもたちが「英語に慣れ親しみ、英語でコミュニケーションがとれる」ことを目標とした学習指導を行っています。
      また、平成31年度からは、新たに算数の指導も行っています。
    2. <中学生数学・英語指導>
      平成30年度より、中学3年生対象に、高校受験で必要な基礎学力の向上を図るため、数学・英語2教科の少人数制指導を行っています。
  • 保育(市進ラボ みらいえ)
    オールイングリッシュ保育園を人形町(東京都中央区)で運営しています。
  • 学童(市進ラボ ナナカラ)
    体験を重視した学童保育を流山おおたかの森(千葉県流山市)、八千代中央(千葉県八千代市)、奏の杜(千葉県習志野市)、本八幡(千葉県市川市)の4か所で運営しています。

地域への支援

  • スポーツを通して地域への支援活動
    千葉県内に拠点を構える下記スポーツチームを応援しています。
    柏レイソル、ジェフユナイテッド市原・千葉、千葉ロッテマリーンズ、日本ハムファイターズ、千葉ジェッツふなばし
  • 千葉ジェッツふなばしとの取り組み
    千葉ジェッツふなばしのジュニアコースの子どもたちに対して勉強の場を提供しています。スポーツと勉強の両立を目指せるよう、クラブの練習前に独自のプログラムを使い、自主学習を行っています。

シニア・介護

  • 大黒家
    千葉県市川市に文豪永井荷風が晩年通った小料理屋「大黒家」がありましたが、2017年7月に惜しまれつつ閉店しました。当社は、この地元に愛されたお店を文化施設として蘇らせることを考え、大人が楽しく学べる「学び舎」として2018年5月にリニューアルオープンしました。
    古典文学・歴史・食と健康・落語・津軽三味線などの講座を提供することで、大人の学びの場・集いの場として地域社会に貢献しております。
  • 市進ケアサービス
    東京都羽村で住宅型有料老人ホーム、昭島でサービス付高齢者住宅を運営するほか、認知症対応型協同生活介護施設(グループホーム)2拠点、小規模多機能型居宅介護施設1拠点を運営しています。また、介護資格取得支援事業や居宅介護支援事業も行っています。
  • 時の生産物
    東京都品川区および大田区エリアで、民家を利用した少人数制のデイサービス、自立に向けたリハビリ特化型の機能向上トレーニングセンター(デイサービス)、介護保険利用時の相談や介護保険申請代行を行うご相談センターを運営しています。

障がい者雇用

  • 市進アシスト
    「障がい者の雇用の促進等に関する法律」に基づき、市進ホールディングスの特例子会社および(株)市進に対する関係会社特例として認定されました。障がい者雇用促進により地域社会に貢献しながら、グループ各社の業務代行を行っています。

英語教育・IT教育

  • TOKYO GLOBAL GATEWAY
    海外での生活を疑似体験しながら英語を学べる革新的な学習施設、東京都英語村「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」が2018年9月にオープンし、2018年度の利用者が5万1千人を突破しました。TGGは当社や学研ホールディングスなど5社が共同運営する主に小・中・高生を対象とした体験型英語学習施設で、2019年度の予約状況も8万人(2019年4月現在)に達するなど高い関心を集めています。
    将来、子どもたちが世界で活躍するための学習機会の提供を通じて、「英語の市進」をさらに推し進めてまいります。

人財

  • 青年海外協力隊への企業派遣(パプアニューギニア)
    社内で希望者を募り、青年海外協力隊の選考を通過した後、3年間の派遣を行いました。社員の夢や挑戦をかなえる仕組みとして、また、当社の海外事業に携わる希望を叶えるステップアップとして取り入れています。
  • アスリートへの支援
    日本オリンピック委員会の就職支援制度である「アスナビ」を通じて、アスリートを正社員として採用しています。
    平昌(ピョンチャン)オリンピックに日本代表として活躍したアイスホッケーの岩原知美選手、女子ビーチバレーで東京オリンピックを目指す藤井桜子選手の2名です。藤井選手は国内大会、国際大会でメダルを獲得するなどと活躍しています。
  • 資格取得支援制度
    社員のスキルアップと自己実現のため、日本語教師、介護初任者研修、保育士等の資格取得について、希望により取得費用の全額もしくは一部補助を行っています。
  • ダイバーシティ(女性活躍)
    学童保育、コンサルティング事業、海外事業などで女性が活躍しています。
  • 階層別研修、自己申告制度
    入社~定年までの長期にわたる一貫した研修として、新人から管理職にいたる各階層において研修を実施しています。
    また、自己申告制度を通じて社員の希望等を聞き、個人の意欲や能力に応じた人材配置を心掛けています。

CSR 新着ニュース

●2018/07/27
CSRサイトを更新しました。

ページの先頭へ